サラミの盛合わせ

生ハム:生産過程は伝統によるものですが、モモ肉の選択においては最初工程から特異な要素を示しています。より良い熟成過程を確保するために高品質の肉だけが選ばれています。この過程を通して成し遂げられる成果が感動的です。もちろん、食べる人が感動しようとする気持ちになることが大切です。ハムスライス一枚の比類のない甘味に耳を傾けているかのように心を澄まして感じる必要があります。ただし、ハムの調和と柔らかさの決め手となり、軽くて消化しやすい脂身を取り除くことはおすすめいたしません。
手造りのコッパ:襟首の筋肉の部位です。それを塩漬けにした後、胡椒とスパイスを付けて一旦寝かせます。次に、天然の腸に詰めて、丘の空気にさらしておきます。熟成期間は少なくとも4ヵ月。 コッパスライス一枚の見た目は、ぎっしり詰まったモザイク画のような感じで、鮮やかな赤色にうすい桃色がかった白色、また芳ばしい香りで甘くてデリケートな味がします。
地元のサラミ:甘味の、塩と粒状の胡椒を最小限にとどめて作られたものです。イタリア国内産の大型サイズの豚肉のみで作られており、店頭販売の挽き肉(筋のない、脂の薄い層で覆われた赤身)が伝統に従って天然の腸に詰められています。2ヵ月後、斜めに切られたサラミの出来上がりです。豊かでまろやかな風味をもち、幸せを感じさせてくれる独特の味がします。

RAW HAM: It is produced in the traditional way; the choice of the thighs is particular, the meats having a high quality and the right quantity of fat to allow the best curing period. The result is exhalting, but we have to be willing to be exhalted: we have to recognise, almost listen to, the rare sweetness of its slice, on no account removing the fat, which is light and digestible, conveying harmony and softness.
HANDMADE COPPA:The cut from which we get coppa (dorsal muscles of the neck) is salted, with the addition of pepper and spices, left to rest, and then encased in natural gut. It is subsequently dried in the hillside air and then cured for at least four months. The slice will be like a compact mosaic ranging from intense red to pinkish-white, with a fragrant aroma and a sweet and delicate taste, of great fineness.
OUR HOME-MADE SALAMI:
 Sweet taste, made with few salt and some pepper grains. Exclusively from Italian heavy pigs, ground meat (lean meat, without any nerves and with a thin film of grease) filled in natural casing, following tradition. After two months the cross-cut slice featuring a full and round flavour, the very taste of happiness.