モルタデッラ(ボローニャ・ソーセージ

サラミの一種が市場で人気を呼ぶと、製造工程に特別な注意を払う必要があると我々は考えております。とりわけ、豚肉のみを使うこと、また高品質の肉のみを使うことが不可欠です。そのために、細かく挽いた赤身の肉を70%、さいの目に切ってスパイスと塩と胡椒を加えた脂身を30%の割合で使います。極上の肉以外や、豚の胃や、ポリ燐酸塩などは一切使われておりません。より良い成果を得るためには、伝統に従って25キロぐらいの大きさの肉塊を腸に詰めて手作業で縛った後、乾燥空気中で長く(少なくとも20時間)調理いたします。弊社のモルタデッラを切ると、芳ばしい香り、見た目はシルクのようで、さっぱりした味がします。

The more popular a cold meat is, the more care and attention it is deemed to merit. For us this means above all only meat from pigs and only of top quality. We use 70% of finely minced lean meat and 30% of cubed fat, with flavourings, salt and pepper. We do not utilise less prized parts, pig tripe or polyphosphates. For a better result, we encase it, as dictated by tradition, in large sizes from 25 kg upwards, which we bind by hand and cook for long times (at least 20 hours) in dry-air ovens. On cutting, our mortadella is fragrant, smooth and with a clean taste.