イタリア原産のブレザオラ

ブレザオラの発祥地は、はるか遠い場所であることがわかっていますが、その歴史は断片的にしか知られていません。最初の加工工程は、イタリア国内産の厳選した牛肉から余分な脂身を丁寧に切り落とし、丸みのある形に仕上げることです。次に、肉をよく揉みながら、塩とこしょうの風味を肉にしっかり浸み込ませます。肉を乾燥させてから短い熟成期間を経て、ブレザオラが完成します。オリーブオイル、こしょう、レモン汁、または削ったペコリーノチーズのようなシンプルな調味料でおいしくご賞味いただけます。

The typicality of this product has distant origins and partly unknown. The processing begins with meat selected from italian beef, well trimmed in order to give it a rounded shape. At this point the meat is carefully massaged, so that it can absorb the salt and the aromas of the pepper that are part of the tanning. It is left to dry and after a short seasoning the bresaola will be ready to be tasted with a light dressing of oil, pepper, lemon or flakes of pecorino cheese.